「2022年最新版」オーストラリア学生ビザ申請方法を解説!
Part 1 アカウント作成からオンライン入力まで

ども!おっさん留学カウンセラーです! こちらではオーストラリア学生ビザ申請の解説をやっていきます!

Ken
オーストラリアもようやく国境が開くみたいなので、ついにオーストラリア留学が実現できそうです! 
Tetsu
本当にようやくですね!2020年の春頃からだから、約2年、、コロナを気にせず海外に行ける日も近いと思います!
Ken
はい!すぐにでも行きたいので、オーストラリア学生ビザの申請をお願いします! 
Tetsu
よっしゃ!もちろんです! ではやって行きましょう!
Ken
宜しくです! 
こちらのビザ申請の記事は実際にオーストラリアの学生ビザ申請をした内容を元に書いています。
ビザ申請が完了した日が2021年10月29日で驚くことに同じ日の2021年10月29日にビザが下りました。
学生ビザはすぐに下りましたが国境が開くことでビザ申請の数も増えることから多少時間がかかることが予想されます。
余裕を持って申請ができると良いですね。
追記
2021年11月22日にオーストラリア政府から新型コロナウイルスのワクチン接種を完了した日本人に対して2021年12月1日から入国を認めると発表がありました。 各州によってルールが異なります(州全体のワクチン接種率により隔離の有無など)また国境が開いていたとしても留学される学校の受け入れが可能かも確認する必要がありますので気をつけてください。
注意
「注意」ビザの可否については最終的な判断は大使館に委ねられます。
ここでのビザ申請方法ではビザの許可を保証するものではございません。
またビザの情報は常にアップデートされております。
最新の情報は各国大使館サイトや相談されている留学エージェントさんにご確認をお願いします。

1,オーストラリア学生ビザ申請に必要なもの

●パスポート(有効期限に注意しましょう)
●COE(Confirmation of Enrollment) 申し込んだ学校から発行してもらえます。 コードが必要です。
●OSHC(Overseas Student Health Cover)学生強制保険 学校に申し込んだときに一緒に加入するのが一般的です。
●英文残高証明書 
Ken
思っていたよりも少ないですね!
Tetsu
そうですね。ただCOEやOSHCは学校を決めて支払いをしないと発行されませんので、まだ学校を決めていない人は学校を決めて願書を記入しましょう。
学校は申し込みだけではなく、実際に授業料支払いが必要になりますので渡航日が近い方は気をつけてください。
Ken
はい!学校はアドバイスをもらったり、自分でも調べてみたので大丈夫です!手続きもやっていただきましたし。
Tetsu
OK! では早速申請を進めて行きましょう!

2,Immi Accountの開設

まずビザ申請をするにはアカウントが必要ですので、アカウントを開設します。

Tetsu
学生ビザだけではなくワーキングホリデービザやその他のビザ等も一つのアカウントから申請ができます。

2.1 Immi Accountの作成サイトへアクセス

Immi Accountへアクセスした際の画面
●Immi Account作成ページへアクセス(別ページが新しく開きます。)
●Create ImmiAccountをクリックしてアカウント作成を行います。

2.2 ImmiAccount作成のため必要事項入力

Immi Account作成のため必要事項を入力したサンプル画面
●個人で申請をする場合はIndivisualを選択
●User Details(名前、電話番号、Eメールアドレスを入力)

Tetsu
氏名はパスポートと同じスペルで入力しましょう。またEメールアドレスが間違えていると大変なことになるので、これも間違いがないように確実に入力しましょう。

2.3 ユーザーネームとパスワードの設定

イミアカウントIDとパスワードの設定
●Usernameを入力します。※今後ImmiAccountへログインする時に毎回使用します。
●Passwordを設定します。※小文字、大文字、数字、記号を使う必要があります。
※パスワードが合わなかったり条件を満たしていない場合は教えてくれます。
●秘密の質問と答えを入力します。 ※質問は選択肢の中から選び回答はご自身で設定します。 特に意味はないので覚えやすいもの、忘れにくいものを選択します。
●セキュリティーアラートを選択しまし。※選んだ項目の動作をすると登録したEメールアドレスにでメール送信されて知らせてくれます。基本的には全てにチェックを入れるのがいいでしょう。
●Terms and ConditionsとSecurity Checkにチェックを入れます。
●入力完了後にSubmitをクリックしてアカウントを作成します。

2.4 Immi Account作成完了

Immi Account開設完了確認画面
●メールが届いていますので、メールボックスを確認しましょう。
●Continueをクリックして次のページへ
※こちらでは特に入力や選択することはありません。

2.5 メールを確認してアカウントをアクティベイト化

アクティベイト化する前のアカウント画面
初期のアカウント画面になります。早速申請をしたいところですが、まずはメールボックスを確認してアカウントをアクティベイト化しましょう。
●メールボックスを確認します。
ImmiAccount開設時に届いたメール
●URL(リンク)をクリックしてアクティベイト化しましょう。
イミアカウントがアクティベイト化の確認された画面
●メールアドレスが確認されてアクティベイトされました。
●早速申請を進めて行きましょう!

Ken
なんとかアカウント作成できました! 
Tetsu
ここからが長いですが、確実に進めていけば大丈夫ですので頑張って行きましょう!
Ken
はい!頑張ります!

3,学生ビザ オンライン入力申請

3.1 New Applicationをクリック

ここからはオンライン入力になります。 人によって回答が変わってくる箇所がございますので、ご了承ください。
オーストラリアビザ申請スタート画面
●New applicationをクリック

3.2 Stuudent Visa(500)を選択

Student Visa 500の選択画面
●Student Visa(500)を選択します。

注意
Student Guardian Visa(未成年の学生ビザ申請者サポートためのビザ)やSubsequent Entrant Visa(同行家族のための学生ビザ)は条件が違いますのでご注意ください。 もしこの2つのビザ申請が必要な方は今回の記事には当てはまりませんのでご注意ください

3.3 ビザ諸条件を確認

ビザの諸条件件確認画面
●クリックしてビザの諸条件を確認
●クリックして個人情報保護方針について確認
●確認後チェックボックスにチェックを入れます。
●Nextをクリックして次ページへ

Tetsu
英語で記載がされていますが念のため内容を確認しましょう。※内容を把握しなくても申請をすることはできます。

3.4 申請国などの入力

COEコードなどの入力画面
●申請国を選択
●現在の法的地位を選択 ※日本の方でしたらCitizenを選びます。
●COVID-19により渡航が延長になっているかの選択
●CoEを持っているか? ※CoEを持っていないと学生ビザの申請ができません。
●CoEのコードを入力
●CoE以外の留学証明があるか? ※入学手続きが完了すると発行されるLetter of offerは該当しません。
●教育部門(Education Sector)を選択  ※お持ちのCOEを必ず確認してください。
●コース閉鎖に伴うビザ申請か? Yes/Noを選択
●オーストラリア政府から承認された財政支援を受けているか? Yes/Noを選択
●入力完了後Nextをクリックして次ページへ

※COEのコードやEducation Sectorの確認方法

CoEコード確認方法

Tetsu
お手元にあるCOEに記載されています。 CoEのコードが違うと先に進むことができません。

3.5 CoEコードの入力

CoEコード追加画面
●CoEのコードを入力
●今回のコースはオーストラリア国外での勉学や研修の継続にあたるか? Yes/Noを選択
●入力後 Confirmをクリックして次のページへ

3.6 CoEコード追加

CoE追加後の画面
●CoEが追加されていることを確認します。
●確認後Nextをクリックして次のページへ

3.7 個人情報の入力

オーストラリア学生ビザ申請 個人情報入力画面
●Family name→苗字を入力
●Given name→名前を入力
●Sex→性別を選択
●Date of Birth→生年月日を入力
●Passport Number→パスポート番号を入力
●Country of Passport→パスポート発行国を選択
●Nationality of Passport Holder →パスポート所有者の国籍を選択
●Date of issue→パスポート発行日を入力
●Date of expiry→パスポート期限日を入力
●Place of issue→パスポート発行元を入力 ※日本での発行の場合Ministry OF FOREIGN AFFAIRS (外務省になります。)日本以外でハスポートを発行した場合はパスポートの顔写真が載っているページにありますので確認しましょう。
●Nationality identity Card→国籍IDカードがあるかYes/Noで選択 ※日本のマイナンバーは該当しませんのでNoを選びます。
●Place of issue →パスポート発行した都道府県、市区町村を入力
●Relationship status→婚姻状況を選択
●Other names/spellings→他の名前を使っているかを選択
●Citizenship
-Is this applicant a citizen of the selected country of passport?→申請者の国籍はパスポート発行国と同じか?
-Is this applicant a citizen of any other country?→申請者は他の国の国籍を持っているか?
●Other passports
Does this applicant have other current passport?→他の国のパスポートを持っているか?
●Other identity documents
Does this applicant have other identity documents→他の身分証明書を持っているか?
●Health examination
Has this applicant undertaken a health examination for an Australian visa in the last 12months?
過去12ヶ月以内にオーストラリアビザ申請のための健康診断を受けたことがあるか?
●入力後 Nextをクリックして次ページへ

3.8 入力内容の確認

オーストラリア学生ビザ個人情報入力内容確認画面
●入力した内容が正しいものか確認します。 ※間違いがあれば戻って修正します。
●間違いがなければYesを選択します。
●選択後Nextをクリックして次のページへ

3.9 オーストラリアへの渡航歴

オーストラリア学生ビザ申請画面 オーストラリアへの渡航歴
●以前にオーストラリアへの渡航もしくはビザ申請をしたことがあるか? ※当てはまる場合は詳細を記入しましょう。
●入力後Nextをクリックして次のページへ

3.10 同行家族について

オーストラリア学生ビザ申請画面 同行家族について
●申請には同行する家族の分も含まれるか? Yes/Noで選択 ※Yesの場合は詳細を入力
●選択後Nextをクリックして次のページへ

3.11 コンタクトが取れる連絡先の詳細

オーストラリア学生ビザコンタクトが取れる詳細
●Country of residence→居住国を選択
●Department office→オーストラリアの政府機関に出向く必要が生じた場合、どのオフィスに出向くかを選択

日本から最寄りのオフィスは韓国のソウルになります。他に都合の良いオフィスの場所がありましたら、そちらを選択しましょう。 ただ学生ビザ申請で実際に出向く必要が生じることはまれです。
●Residential Office→現在お住まいの住所を記入します。
●Postal address
Is the postal address the same as the residential address?→お住まいの住所は書類郵送先の住所と同じですか?
→Yes/Noで選択 ※Yesの場合はその住所を記載します。
オーストラリアの学生ビザ申請において実際に書類が送られることは稀です。
●Contact telephone numbers
Home number→自宅番号
Business phone→職場番号
Mobile/Cell phone→携帯番号
●E-mail address→Eメールアドレス
●入力後Nextをクリックして次のページへ

3.12 ビザの受け取りについて

オーストラリアビザの受け取りについて
●Authorised recipient→申請者は連絡を受けた際に権限を代理人に委託しますか?→当てはまるものを選択します。※通常はNoになることが多いです。
●Electronic Communication→コンタクトの取れるEメールアドレスを入力します。

※移民局とのやりとりは基本はメールになりますので入力ミスに注意しましょう。
●もしアカウントをアクティベイト化していない場合は忘れずにやっておきましょう。
●入力後Nextをクリックして次のページへ

3.13 同行家族について

オーストラリア学生ビザ申請 同行家族についてのページ
●Non-accompanying member of the family unit→申請者家族全員の詳細は学生ビザを申請するかどうかに関わらず、この申請書に記載する必要があります。同行しない家族詳細の情報がないと後日学生ビザの交付ができなくなります。
Does the applicant have any members of the family unit that have not already been included as an Accompanying member of the family unit in this application.→この申請でまだ記載していない同行家族がいる場合はYes、いない場合はNoを選択します。
●選択後Nextをクリックして次のページへ

3.14 同行しない日本の家族について

オーストラリア学生ビザ 同行しない日本の家族について
●Other family member→申請者は両親や兄弟がいるか? →Yes/Noで選択 ※オーストラリア国内、国外に関わらず家族がいる場合は詳細を記入しましょう。
●Addをクリックして氏名、生年月日、続柄を入れます。
オーストラリア学生ビザ 同行しない家族を入れた画面
●家族情報を入れると上記のように表示されます。
●入力後Nextをクリックして次ページへ

3.14 Genuine temporary entrant

●Give details of support the applicant’s ability to meet the criteria and ensure supporting documents are attached
→オーストラリアの学生ビザ申請にはGTEの基準を満たす必要があります。
オーストラリアにて就学することが第一の目的であり、そのため一時的な滞在となり目的が達成されたら日本へ帰国することを2000文字以内で説明する必要があります。(これは不正な申請をさせないためです。)
●入力後Nextをクリックして次のページへ

3.15 財務証明書について

オーストラリア学生ビザ申請 財務証明書について
●Funding for stay
Do all applicants in this application confirm that they each have access to sufficient funds to support
themselves for the total period of stay in Australia and understand that further evidence of funds may
also be requested? → オーストラリア滞在期間中にて十分な資金があることを証明できますか? Yes/Noで選択 ※オーストラリアで生活する上で、滞在中に十分な資金があることの証明が必要となります。
●Show how each applicant included in the application will support themselves in Australia to meet living, tuition and school costs. Select any that apply.→申請書に記載されている申請者がオーストラリアでの生活費、学費をどのようにカバーするかを示してください。 ※該当するものを選択します。
●Government scholarship /financial support→政府からの奨学金
●Other organization scholarship/financial support→その他の団体からの奨学金
●Financial support from an individual→個人的な資金援助
●Other financial support その他からの資金援助
その後に具体的な資金援助の詳細を記入しましょう。 選択する資金援助方法により記載内容が変わります。
●Nextをクリックして次のページへ

3.16 OSHCの入力

オーストラリア学生ビザ申請 OSHC入力画面
●Health Insurance
-Does the applicant have Overseas Student Health Cover (OSHC)?→OSHCに加入しているか? Yes/Noで選択
-Was the Overseas Student Health Cover (OSHC) organised by the applicant’s education provider?→加入しているOSHCは教育機関を通しての加入か? Yes/Noで選択
●Name of health insurer: 保険会社を選択
●Insurance policy number: 保険ナンバーを記入
●Date from:保険開始日を記入
●Date to:保険有効期限を記入
●入力後Nextをクリックして次ページへ

OSHC(学生強制保険)ですが学校の申し込みと同時に行うことが多いです。基本的にはCOEが発行されたと同時にOSHCも発行されます。 書類のアップロード時にOSHCの加入証明書をアップロードするのも良いと思いますので、発行できれば発行してもらいましょう。
もしOSHCがない、加入しているか分からない。という場合は相談されているエージェントさんや手続きをしている学校の方に確認してもらいましょう。OSHCがないとビザが下りないと思います。(OSHCなしで申請したことがないため確約はできませんが、、)

3.17 学歴について

オーストラリア学生ビザ申請 学歴入力欄
●Highest level of schooling→最終学歴
-Give details of the applicant’s highest level of schooling completed outside Australia.→オーストラリア国外で修了した申請者の最終学歴の詳細を記入。
●Education History
-Has the applicant completed, or is currently enrolled in any other studies or training outside Australia? →オーストラリア国外で他の学業やトレーニングを修了したか、または現在受講中か。Yes/Noで選択
●Addをクリックして学歴の詳細を記入します。
オーストラリア学生ビザ申請 学校情報入力画面
●上記のように学歴の詳細を入力します。
●入力後 Confirmをクリックして完了させます。
●Has the applicant previously studied in Australia?→以前にオーストラリアで学んだことはあるか?
●入力後Nextをクリックして次ページに進みます。

3.18 職歴について

オーストラリア学生ビザ申請 学歴入力画面
●Employment History(職歴)
-Give details of the applicant’s employment and unemployment history since leaving school/college/
university.→学校・カレッジ・大学を卒業してからの職歴・失業歴の詳細を記載します。
●Addをクリックして詳細を記入します。
オーストラリア学生ビザ申請職歴詳細記入欄
●Employment history details
-Employment Status→雇用形態を選択
-Is this the applicant’s current employment situation?→これは現在の雇用状況か?Yes/Noで選択
●Employer/Business details 雇用先の詳細を記入
-Organization name →会社名
-Industry type →業界
●Organization address→会社所在地
-Country
-Address 住所
-Suburb
-State or Province 都道府県
-Postal code 郵便番号
●Contact person details→コンタクトが取れる人の連絡先詳細
-Family name 苗字
-Given Name 名前
-Business phone 職場電話番号
-Mobile/Cell phone 携帯電話

連絡先の詳細を記入しますが、実際に連絡が行くことは、ほとんどありません。
●Position details 職場での役職詳細
-Position 役職
-Date from 入社日
●入力後 Confirmをクリックして登録
職歴と卒業後の職が求められるかの言及のページ
●Future employment→今後の雇用について
●Has the applicant been offered a job at the completion of their course?→コース終了時に仕事のオファーを受けているか?
●Give details of the type of employment the applicant will be seeking at the completion of their course→コース修了時に応募者が希望する雇用形態の詳細を記入してください。
●入力後Nextをクリックして次ページへ

3.19 言語について

オーストラリア学生ビザ申請 言語入力欄
●Language→申請者の言語について
-Has the applicant undertaken an English language test within the last 24 months?→過去24ヶ月以内に英語の言語テストを受けたか? ※受けた場合は詳細を記入しましょう。
●Main Language→主要言語を選択します。
●Study in English Language英語学習について
-Has the applicant successfully completed at least five years study (in the English language) in Australia, Canada, New Zealand, Republic of South Africa, Republic of Ireland, United Kingdom and/or United States of America?
→過去5年において オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、南アフリカ共和国、アイルランド、イギリス及びアメリにて、少なくとも5年間の(英語による)学習を修了したか? Yes/Noで選択
-In the two years before applying for the Student visa, has the applicant successfully completed the
requirements for a Senior Secondary Certificate of Education (conducted in English in Australia)?
→学生ビザを申請する前の2年間にSenior Secondary Certificate of Education(オーストラリアで英語で行われること)の要件を満たしていますか?
-In the two years before applying for the Student visa, has the applicant successfully completed a substantial component of a course leading to a qualification from the Australian Qualifications Framework at Certificate IV or higher as a holder of a Student visa (conducted in English in Australia)?
→学生ビザ申請前の2年間に、学生ビザ保持者としてAustralian Qualifications FrameworkのCertificate IV以上の資格につながるコースの主要部分を修了しているか?
●選択後Nextをクリックして次のページへ

3.20 海外渡航歴について

オーストラリア学生ビザ 海外渡航歴入力画面
Countries visited→訪れたことがある国
-Have any of the applicants visited any countries in the past 10 years? Include:過去10年間で訪れた国は?(下記を含む)
•Work or study outside your usual country of residence 就労就学
•Holiday/leisure trips 休暇
•Business 仕事で
•Military deployment  軍事的配置
•Visits back to your usual country of residence if living away 居住国への帰国など
Yes/Noで選択 ※Yesに該当する場合は詳細を入力します。
●入力後Nextをクリックして次ページへ

3.21 ビザ取得履歴について

オーストラリア学生ビザ申請 ビザ取得履歴画面
-Has the applicant, or any person included in this application, held or currently hold a visa to Australia or any other country? →オーストラリアもしくはその他の国に渡航のためのビザを持っている、持っていたか?
-Has the applicant, or any person included in this application, ever been in Australia or any other country and not complied with visa conditions or departed outside their authorised period of stay?→オーストラリアまたはその他の国に滞在したことがあり、かつビザ条件を満たせずに出国もしくはビザの期限外での出国をしたことがあるか?
-Has the applicant, or any person included in this application, ever had an application for entry or further stay in Australia or any other country refused, or had a visa cancelled?→オーストラリアまたはその他の国にて入国拒否または強制送還になったことはあるか?
※Yesに該当する場合は詳細を入力しましょう。
●選択後Nextをクリックして次ページへ

3.22 健康状態の申告

オーストラリア学生ビザ申請 健康状態申告のページ画面
In the last five years, has any applicant visited, or lived, outside their country of passport, for more than 3 consecutive months? Do not include time spent in Australia.→過去5年間で3ヶ月以上連続して滞在した国はありますか?(オーストラリアは含まず)
Does any applicant intend to enter a hospital or a health care facility (including nursing homes) while in Australia?→オーストラリア滞在中に病院やヘルスケア施設などに滞在する予定はあるか?
Does any applicant intend to work as, or study to be a doctor, dentist, nurse or paramedic during their stay in Australia?→オーストラリア滞在中に医者、歯科医師、看護師、理学療法士として働くもしくは学ぶ予定はあるか?
Does any applicant intend to work or be a trainee at a child care centre (including preschools and creches) while in Australia?→オーストラリア滞在中にチャイルドケアセンター(保育園、託児所含む)で働くもしくは実習をする予定はあるか?
Has any applicant:
• ever had, or currently have, tuberculosis? 現在もしくは過去に結核を患ったこと
• been in close contact with a family member that has active tuberculosis? 家族間で結核患者と接触したこと
• ever had a chest x-ray which showed an abnormality?→オーストラリア滞在中に下記の疾患に対して医療費を費やす予定
上記のことはあるか?
During their proposed visit to Australia, does any applicant expect to incur medical costs, or require
treatment or medical follow up for:→オーストラリア滞在中に下記のことに医療費を費やす予定があるか?
• blood disorder 血液疾患
• cancer 癌
• heart disease 心臓疾患
• hepatitis B or C and/or liver disease B型C型肝炎
• HIV infection, including AIDS HIV AIDS
• kidney disease, including dialysis 透析、肝臓疾患
• mental illness 精神疾患
• pregnancy 妊娠
• respiratory disease that has required hospital admission or oxygen therapy 呼吸器系疾患
• other? その他
Does any applicant require assistance with mobility or care due to a medical condition?→オーストラリア滞在中に病状に伴う移動や介護の補助が必要か?
※Yesに当てはまる場合は詳細を記入します。
●選択後Nextをクリックして次ページへ

3.23 人間性、犯罪歴などについて

オーストラリア学生ビザ キャラクターについて
Character declaration→人間性、犯罪歴の申告
If the applicant answers ‘Yes’ to any of the character declarations they must give all relevant details.
For combined applications, state which applicant the declaration applies to.
If the matter relates to a criminal conviction, provide:
•the date and nature of the offence
•full details of the sentence
•dates of any period of imprisonment or other detention
※Yesを選択した場合は詳細を求められます。
-Has any applicant ever been charged with any offence that is currently awaiting legal action?
→これまで何らかの犯罪で起訴されたことはあるか?
-Has Has any applicant ever been convicted of an offence in any country (including any conviction which is now removed from official records)?→これまでどこかの国で有罪判決を受けたことはあるか?(現在公式記録から削除されているものも含む)
Has any applicant ever been the subject of a domestic violence or family violence order, or any other
order, of a tribunal or court or other similar authority, for the personal protection of another person?
→家庭内暴力などで裁判所から他者への身辺警護の対象になったことはあるか?
Has any applicant ever been the subject of an arrest warrant or Interpol notice?
→逮捕状を請求されたことはあるか?
Has any applicant ever been found guilty of a sexually based offence involving a child (including where no conviction was recorded)?
→児童に対しての性犯罪で有罪になったことはあるか?
Has any applicant ever been named on a sex offender register?
→性犯罪者リストへ登録されたことはあるか?
Has any applicant ever been acquitted of any offence on the grounds of unsoundness of mind or insanity?
→精神薄弱または心身喪失を理由に無罪判決を受けたことはあるか?
Has any applicant ever been found by a court not fit to plead?
→裁判所から弁論に適していないと判断されたことはあるか?
Has any applicant ever been directly or indirectly involved in, or associated with, activities which
would represent a risk to national security in Australia or any other country?
→オーストラリアまたはその他の国で国家安全保障上のリスクになり得る活動に直接的または間接的に関与したことはありますか?
Has any applicant ever been charged with, or indicted for: genocide, war crimes, crimes against humanity, torture, slavery, or any other crime that is otherwise of a serious international concern?
→これまでに大量虐殺、戦争犯罪、人道に反する犯罪、拷問、奴隷、その他国際的に重大な懸念となっている犯罪で起訴・告発されたことはあるか?
Has any applicant ever been associated with a person, group or organisation that has been or is involved in criminal conduct?
→犯罪行為に関与した、または関与している人物、グループ、組織などと関係を持ったことはあるか?
Has any applicant ever been associated with an organisation engaged in violence or engaged in acts of violence(including war, insurgency, freedom fighting, terrorism, protest) either overseas or in Australia?
→暴力に従事する、暴力行為(戦争、反乱、自由闘争、テロ、抗議活動含む)を行う組織と関係を持ったことはあるか?
Has any applicant ever served in a military force, police force, state sponsored / private militia or intelligence agency (including secret police)?
→軍隊、警察、国が支援する民兵、諜報機関に所属したことはあるか?
Has any applicant ever undergone any military/paramilitary training, been trained in weapons/explosives or in the manufacture of chemical/biological products?
→軍事/準軍事的訓練、武器/爆発物訓練、化学/生物学的製品製造に関わったことはあるか?
Has any applicant ever been involved in people smuggling or people trafficking offences?
→密入国や人身売買の犯罪に関わったことはあるか?
Has any applicant ever been removed, deported or excluded from any country (including Australia)?
→海外にて(オーストラリア含む)国外退去、強制送還されたことはあるか?
Has any applicant ever overstayed a visa in any country (including Australia)?
→ビザの有効期限を超えて海外に滞在したことはあるか?
Has any applicant ever had any outstanding debts to the Australian Government or any public authority in Australia?
→オーストラリア政府もしくはオーストラリアの公的機関に関して未払いの債務を抱えたことはあるか?
●選択後Nextをクリックして次のページへ

3.24 学生ビザ申告について

オーストラリア学生ビザ宣誓ページ
●Student declaration
Giving false or misleading information is a serious offence.→虚偽の報告や誤解を招く回答は犯罪です。
The applicants declare that they:
●Have read and understood the information provided on the website (www.studyinaustralia.gov.au) regarding living and studying in Australia.→ウェブサイトに掲載されているオーストラリアでの生活や学習に関する情報を読み理解した。
●Have made adequate arrangements for health insurance for the period of their stay in Australia and acknowledge they are required to maintain these arrangements while in Australia as the holder of a student visa.
→学生ビザでオーストラリアに滞在している間は健康保険に加入しなけれなならないことを了承し且つ適切に手配している。
●Understand that a student visa is a temporary visa and that being granted a student visa will not guarantee that they will be eligible for the grant of a further visa to stay in Australia, including a skilled migration visa.
→学生ビザは一時的なビザであり学生ビザを取得しても技能ビザ移住を含むオーストラリアに滞在するための追加ビザの取得を保証するものではないことを理解している。
●Understand that if they cannot obtain a further visa they must depart Australia on or before the cease date of the student visa.
追加のビザの取得ができない場合は学生ビザの終了日までにオーストラリアを出国しなければならないことを理解している。
●Acknowledge that if granted a student visa, they are required to understand and abide by its conditions.
→学生ビザが許可された場合、その条件を理解し遵守することが求められることを理解しています。
●Understand that if the 8534 visa condition is imposed on the student visa, it will be indicated by the condition code 8534 and by the short description No Further Stay.They acknowledge that this means the 8534 condition has been imposed on their visa and while in Australia they will only be entitled to the grant of limited visas including:
• A subclass 485 (Temporary Graduate) visa ,or
• A subclass 590 (Student Guardian) visa.
学生ビザに8534という条件が課せられた場合、「条件コード8534」と「No further stay」という短い文で説明文が示されることを理解しており、これは取得したビザに8534という条件が課せられたことを意味しオーストラリアに滞在している間は8534の権利しかないことを理解しています。そのためオーストラリア滞在中は以下のような限定的なビザしか取得できません。
-サブクラス485(Temporary Graduate)ビザ
-サブクラス590(学生ガーディアン)ビザ
●Understand that the effect of 8534 visa condition is that it will not be possible to apply to remain in Australia beyond the date authorised on the student visa and that they will be required to depart Australia on or before that date.→学生ビザで許可された期日を超えてオーストラリアへ滞在することはできず、その期日までにオーストラリアを出国しなければならないことを理解している。
●Understand that if the 8535 visa condition is imposed on the student visa, it will be indicated by the condition code 8535 and by the short description No Further Stay. They acknowledge that this means that the 8535 condition has been imposed on their visa and while in Australia they will only be entitled to the grant of limited visas including:
• A further student visa (subclass 500) in circumstance where the Commonwealth, or foreign government (as the case requires), does not oppose them from obtaining a further visa to stay in Australia.
学生ビザに8535という条件が課せられた場合、「条件コード8534」と「No further stay」という短い文で説明文が示されることを理解しており、これは取得したビザに8535という条件が課せられたことを意味しオーストラリアに滞在している間は8535の権利しかないことを理解しています。そのためオーストラリア滞在中は以下のような限定的なビザしか取得できません。
-連邦または外国政府(場合による)が追加の学生ビザを取得することに反対しない場合は追加の学生ビザを取得することができます。
●Understand that the effect of the 8535 visa condition is that it will not be possible to remain inAustralia beyond the date authorised on the student visa, unless they are applying for a further student visa in circumstances where the Commonwealth or a foreign government (as the case requires) does not oppose them undertaking a relevant course of study, and that they will be required to depart Australia on or before the authorised date.
→-連邦または外国政府(場合による)が追加の学生ビザを取得することに反対しない状況で追加の学生ビザを申請する場合を除き8535ビザ条件の影響で学生ビザで許可された日付を超えてオーストラリアに留まることは出来ないことを理解しており許可された日またはそれ以前の日付でオーストラリアを出国する必要があることを理解している。
●Nextをクリックして次のページへ

3.25 申告について

オーストラリア学生ビザ申請 宣誓についてのページ
●Declaration
Warning:Giving false or misleading information is a serious offence.虚偽または誤解を招く可能性のある情報を提供することは犯罪となります
The applicants declare that they:
●Have read and understood the information provided to them in this application.
→この申請において出された情報を読み理解している。
●Have provided complete and correct information in every detail on this form, and on any attachments to it.
→この申請及び添付資料の全ての項目において完全かつ正確な情報を提供し記入している。
●Understand that if any fraudulent documents or false or misleading information has been provided with this application, or if any of the applicants fail to satisfy the Minister of their identity, the application may be refused and the applicant(s), and any member of their family unit, may become unable to be granted a visa for a specified period of time.
この申請に対して不正な書類や虚偽のまたは誤解を招くような情報が提供された場合、また申請者が本人であることを納得させられる材料が揃っていない時には、申請が拒否される可能性があり、申請者だけではなく、その家族も一定期間ビザを取得できる可能性があることを理解しています。
●Understand that if documents are found to be fraudulent or information to be incorrect after the grant of a visa, the visa may subsequently be cancelled.
→ビザ取得後に書類の不正や情報の誤りが発覚した場合は、その後にビザが取り消される可能性があることを理解している。
●Understand that if this application is approved, any person not included in this application will not have automatic right of entry to Australia.
→申請者本人のビザが承認されたとしても、申請に含まれていない人に対してのオーストラリアへの入国権利が自動的に下りるものではないことを理解している。
●Will inform the Department in writing immediately as they become aware of a change in circumstances (including change of address) or if there is any change relating to information they have provided in or with this application, while it is being considered.
→-自身の状況や情報に変化が生じた際に書面にて直ちにビザオフィスに申し出る必要があることを理解している。
●Have read the information contained in the Privacy Notice (Form 1442i) .
→プライバシー通知(Form1442i)について読み理解している。
●Understand that the department may collect, use and disclose the applicant’s personal information (including biometric information and other sensitive information) as outlined in the Privacy Notice (Form 1442i) .
→Form1442iに記載されている通り、申請者の個人情報(生体情報や機密情報を含む)を収集、使用、開示する可能性があることを理解している。
●Give consent to the collection of their fingerprints and facial image if required.
→必要に応じて指紋や顔写真を収集することについて同意している。
●Understand that, if required to provide their fingerprints and facial image, the applicant’s fingerprints and facial image and biographical information held by the Department may be given to Australian law enforcement agencies to help identify the applicant and determine eligibility for grant of the visa being applied for, and for law enforcement purposes.
→→指紋と顔画像の提供を求められた場合、申請者の身元確認とビザ取得の適格性を判断するために申請者の指紋と顔画像および省庁が保有する経歴情報がオーストラリアの法律機関に提供される可能性が高いことを理解ている。
●Give consent to Australian law enforcement agencies disclosing the applicant’s biometric,biographical and criminal record information to the Department to help identify the applicant, todetermine eligibility for grant of a visa and for law enforcement purposes.
→オーストラリアの法執行機関がビザ交付の的確の判断のために申請者の生体情報、経歴、犯罪歴情報を省庁が開示することに同意する。
●Give consent to the Department using the applicant’s biometric, biographical and criminal record information obtained for the purposes of the Migration Act 1958 or the Citizenship Act 2007.
→1958年移民法または2007年市民権法の目的のために取得された申請者の生体情報、伝記情報、犯罪歴情報を省庁が使用することに同意する。
●As an applicant:
I understand that if my visa ceases to be in effect and I do not hold another visa to remain in Australia at that time, I will be an unlawful non-citizen under the Migration Act 1958. As such, I will be expected to depart from Australia, and be subject to removal under the Migration Act 1958.
→もしビザの有効期限を過ぎ、その時点でオーストラリアに滞在するための別のビザを持っていない場合、1958年移民法の下で不法滞在者となり、直ちにオーストラリア国外へ出国しなければならないことを理解している。
●Australian values オーストラリアの価値観
Each applicant who is 18 years or over has read, or had explained to them, information provided by the Australian Government on Australian society and values, and agrees to the Australian values statement.
18歳以上のそれぞれの申請者はオーストラリア政府が提供するオーストラリアの社会と価値観に関する情報を読み、もしくは説明を受けてそれに同意していること。
●選択後Nextをクリックして次のページへ

3.26 入力項目全体の確認

こちらでは今まで入力してきたもの、全てを確認ができます。(画像にすると極端に縦長になってしましますので載せていません)
一つ一つの項目を再度確認し、もし間違いがあれば修正しましょう。

申請が完了した後に修正する箇所が見つかっても修正ができませんので、しっかりと見直しましょう。
Tetsu
ひとまずオンラインの入力はここまでです! お疲れ様!
Ken
いやー長かった!!汗 あとはもう大丈夫ですかね? 
Tetsu
いやあと、書類の作成とアップロード、申請料金の支払いがあるよ!
Ken
マジですか・・・。 
Tetsu
入力したデータは保存ができるので、(自動的にImmi Account内に保存されます)今日は一旦ここまでにしようか!休んでリフレッシュしたら、次のステップに進んで申請の完了までやりましょう!
Ken
はい!すみませんが一旦今日はここまででお願いします汗 また明日宜しくお願いします! 
こちらの記事ではオンライン申請入力までの案内となります。続きは下記のページからどうぞ!

書類のアップロード

「2022年最新版」オーストラリア学生ビザ申請方法を解説!
Part 2 書類アップロードから支払い、ビザ申請完了まで

2021.12.08

アップロード書類のサンプル

「2022年最新版」オーストラリア学生ビザ申請方法を解説!
Part 2 書類アップロードから支払い、ビザ申請完了まで

2021.12.08

オンライン決済で支払い

「2022年最新版」オーストラリア学生ビザ申請方法を解説!
Part 2 書類アップロードから支払い、ビザ申請完了まで

2021.12.08

ビザの許可証の確認と受け取り

「2022年最新版」オーストラリア学生ビザ申請方法を解説!
Part 2 書類アップロードから支払い、ビザ申請完了まで

2021.12.08

まとめ、余談、ワンポイントアドバイス

「2022年最新版」オーストラリア学生ビザ申請方法を解説!
Part 2 書類アップロードから支払い、ビザ申請完了まで

2021.12.08

よくある質問

よくある質問集 オーストラリア学生ビザ申請方法

2021.12.12

最新情報

「2022年最新版」オーストラリア学生ビザ申請方法を解説!
Part 2 書類アップロードから支払い、ビザ申請完了まで

2021.12.08